News
    感染源

    ジスロマックは、細菌に感染したときに治療に用いられる抗生物質の一種であり、そのなかでもマクロライド系とよばれる種類に属しているものです。
    このジスロマックが効き目をもつ病原性の細菌は、実にさまざまな種類がありますので、たとえば風邪をこじらせて扁桃腺炎や咽頭炎、肺炎になってしまった場合などに処方されることでもおなじみのものとなっています。
    こうしたふりあれた病気のほか、ジスロマックはいくつかの性病に対しても治療効果があることがわかっています。
    ジスロマックの適応菌種のなかには、クラミジア属淋菌が含まれていますので、こうした菌種がひきおこす性病であれば、ジスロマックの投与で治癒させることができるということになります。
    具体的にいえば、通常の性行為による性器クラミジア感染症や、オーラルの性行為によって感染した咽頭クラミジア感染症、また女性の骨盤内炎症性疾患(PID)などが該当します。

    これらの感染症にかかってしまった場合、一般には尿道の痛みやかゆみがある、発熱がある、女性では下腹部痛がある、おりものが多い、不正出血があるなどといった症状としてあらわれます。
    そのため、すみやかに細菌の増殖を抑制する必要がありますので、通常は病院の泌尿器科や婦人科を受診して検査をしてもらった上で、ジスロマックのような抗生物質の処方を受け、医師の指示にしたがって服用することになります。
    ジスロマックは、病気の種類によって処方量が異なり、たとえば尿道炎であれば1日1回だけ、有効成分の量として1000ミリグラムを服用し、その他扁桃腺炎のようなものであれば、1日1回、有効成分500ミリグラムを、3日連続して服用するといった使い方をします。

    記事一覧

    記事はありません

    お探しの記事は見つかりませんでした。

    最近の投稿
      アーカイブ
        サイト内検索
        人気記事一覧